「オープンワールドゲーム」の定義 はてなブックマーク - 「オープンワールドゲーム」の定義

ゲームのジャンルあるいは特徴を指す用語として「オープンワールド」が当然のように使われているが、今一度その定義を整理しておく

openworldgames_defi.jpg

「オープンワールド」の定義
「オープンワールド」という言葉に明確な定義はないが、一般的には、実物大で連続している広大なゲーム世界でのフリーローミングや屋外の探索を特徴としたゲームを指すことが多い。
探索が屋内のみに限定されたゲームや、縮尺が一定ではないオーバーワールドマップを使用するゲームに対して「オープンワールド」という用語を使うことはめったにない。




1. フリーローミング


プレイヤー行動可能範囲の制限が少ない環境。
対照的に、リニアなゲームはプレイヤーの行動可能範囲が厳しく制限されている。




2. 屋外のランドスケープ


建物やダンジョン、洞窟といった屋内の環境が中心となるゲームとは対照的に、オープンワールドゲームの環境の大部分は屋外が占めている



3. 巨大な世界


オープンワールドにおける環境は、少なくとも巨大な都市あるいは島程度の大きさがある。
建物やダンジョン、洞窟といった狭い範囲のみに限定される環境とは対照的である。




4. 実物大の世界


ゲーム世界がプレイヤーキャラクターや乗り物を基準にしたリアルな縮尺で表現され、その縮尺は不変かつ連続的である。
対照的に「オーバーワールド(overworld)」は、非現実的な縮尺で表現され、環境ごとに縮尺が変化する。




5. 徒歩での横断


大部分を乗り物で移動しなければならない世界とは対照的に、大部分を徒歩で渡り歩くことも可能な世界である



6. リアルタイムの世界


世界がリアルタイムで描画され、敵がプレイヤーとは無関係に動き回っており、持続性の世界に昼夜のサイクルがあるといったように、プレイヤーの行動に関わらずゲームの世界が動いている



7. 3Dグラフィックス


プレイヤーが一人称視点あるいは三人称視点で探索することができる、3Dの環境としてリアルタイムで描画された世界


引用元:Codex Gamicus
コメント

Comments 7

コメントはありません
-  

最近だとSEKIROに対して
「オープンワールドなのに自由度がなく実質ステージ攻略型!」
とかいう的外れな批判があったな。

シームレス=オープンワールドだと勘違いしてる例

  • 2019/06/06 (Thu) 13:34
  • 返信
   

動画で見た限りの知識しかないから見当違いなら申し訳ないけど
モンハンワールドのプレイ動画見た時は「は?これのどこがオープンワールドなの・・?」って思ったわ

  • 2019/06/06 (Thu) 19:36
  • 返信
-  

モンハンワールドはそもそもオープンワールドとして売り出してないよ
タイトルのワールドはどっちかって言うと食物連鎖等の生態系とかが作られてるって意味合いだし
そろそろ業界は複数用意されててしっかり作り込まれてる「オープンフィールド」みたいなそれっぽい名前作って押し出していった方がいい気がする
OWだけじゃもう勘違いの原因になる

  • 2019/06/06 (Thu) 21:20
  • 返信
-  

「見える場所には大体どこでも行ける」ってのが最近のオープンワールドの肝かな
黒い砂漠とかスカイリムとかゼルダみたいな

見えない壁に阻まれたりせず遥か彼方の背景みたいな山でも実は地続きで登ろうと思えば登れるっていう無意味なロマンが追求できること

-  

ただ行った所で意外と要素が詰め込まれてない、本当にマップが歩けるだけってのは結構弱点よな
ゼルダとかは違ったけど

  • 2019/06/06 (Thu) 22:06
  • 返信
-  

フィールドもダンジョンも全エリアでシームレスにパンツをのぞくことができるのが最大の条件

  • 2019/06/07 (Fri) 11:11
  • 返信
-  

未だにニーア・オートマタがオープンワールドと名乗っていることに違和感。
面白かったし好きなゲームだけどそこだけはどうしても違和感が。

  • 2019/06/08 (Sat) 03:04
  • 返信
関連記事