MMORPG「A:IR」 2次CBTの情報が公開。80%の要素が1次CBTから変化 はてなブックマーク - MMORPG「A:IR」 2次CBTの情報が公開。80%の要素が1次CBTから変化

KRAFTONのBluehole Studioが開発中のMMORPG「A:IR」の韓国2次クローズドβテストが6月26日より開始されるのを前に、プレスカンファレンスが行われた

air_2ndcbt_c.jpg

A:IRの2次CBTは、2017年に行われた1次CBTから8割の要素が変化したという。


チュートリアルの変更

1次CBT時のチュートリアルを大幅に改変
1次CBTの時にチュートリアルが長すぎるというフィードバックがあったため、チュートリアル自体はかなり短くなった
A:IRの本格的な舞台「ハース」に到達するまでの過程が短くなった
本格的に空中戦が可能となるレベル34までは急速に成長できる




戦闘システム

戦術転換」システムを実装。全てのクラスはリアルタイムに戦術を切り替えて戦うことができる

遺物システム
クラスごとに30種類の遺物が存在し、スキルの特性や能力を変化させることができる
ターゲットスキルをノンターゲットスキルに変更するというような遺物も存在する

ルーンスクロール
プレイヤーが設定した条件を満たした時に様々な効果が発動するアイテム



ペットシステム「機械人形」。
機械人形はフィールドで入手した部品を集めて作るペットのようなもの
機械人形は戦闘可能で、パーツをどのように組み合わせたかで異なる効果が適用される
飛行タイプと地上タイプが存在する

レベル41からプレイヤーが搭乗できるロボット型の武器が使える
効果は強力だが、搭乗時間は制限されており再使用待機時間も長い
戦場やボス戦で威力を発揮する











空中コンテンツ

A:IRの空は下層・中層・上層の3段階に分けられる
上層は雲の上
各層に討伐可能なモンスターが存在し、レイドボスモンスターが登場することがある
空にいるモンスターは飛空艇の武器だけで攻略可能
空にはクジラが飛んでおり、クジラの背中には海賊が乗っている

中層以上には「侵略の星」と呼ばれる機械が登場する
侵略の星は攻略難易度が高く、攻撃すると膨大な数の敵が出現して襲ってくる
侵略の星は地上に墜落することもあり、地上で攻略することもできる

上層には巨大な侵略船が1日に1回登場し、一種のレイドコンテンツになっている
30人~60人が飛空艇を使って攻略し、倒すと大量の報酬を獲得できる
他にも「空の捕食者」と呼ばれるモンスターもおり、飛行船を使って攻略する

A:IRには、飛行船以外にもバイク型の乗り物やグライダー等も存在
低層と中層にしか行けない乗り物もあり、乗りながらプレイヤーキャラクターのスキルが使える
戦闘型飛行船だけでなく、望遠鏡やレーダーを搭載したものや、倉庫などの便利な機能を搭載した自家用車さながらの快適さを提供する乗り物も登場する
CBTでは3~5種類程度の乗り物を全てのプレイヤーが獲得できる





ハウジング

単なるハウジングの域を超えた住居システム
一般住宅: 全てのプレイヤーが無料で入手可能で、一般住宅は別空間に存在する
高級住宅: A:IRの世界のフィールド上に1500程度存在し、高級住宅を所有するためにはゲーム内のお金が必要。所有すると税金が発生。

屋根・外壁・内壁などを飾るようなハウジング要素もある
プレイヤーの成長に直結する製作台の配置
機械人形の組み立ても住居で行うことができる
庭に木を植えることができ、様々な恩恵が得られる
狩場に近い住居には商人を配置するなどして、狩りをしているプレイヤー達が住居を訪れてアイテムを購入すれば利益を上げることもできる


airhousing.png



RvR

プレイヤーはレベル30になると勢力を選ぶことになる
レベル35からRvRに参加することができる
少数のプレイヤーが決められたルールの中で戦う「戦場」
大規模な人数で行う「要塞戦」






ソース: THIS IS GAME

A:IR 公式サイト
コメント

Comments 3

コメントはありません
-  

空中コンテンツが無ければ黒い砂漠だと言われても納得するかもしれんな。
リアル志向系のグラフィックだと、どれも同じゲームに見えてしまう。

  • 2019/06/05 (Wed) 11:16
  • 返信
-  

フォトリアル系でもグラの質感とか感じは黒い砂漠とだいぶ違わないか、やったことあるは一見して別のゲームって即わかるレベルだと思うぞ
どっちかっていうとUnreal Engine系に多いブルームのきつい感じのグラだよな、強い光の中での遠景の空とか光の中での屋根とか特徴としてこの系統はわかりやすい
黒い砂漠はシリコンスタジオのミドルウェア追加した後もライティングや反射強調系でブルームによるぼかしとかは全然ないから系統がかなり違うと思うぞ

  • 2019/06/05 (Wed) 13:45
  • 返信
-  

やったやついたら感想くれよ

  • 2019/06/10 (Mon) 23:56
  • 返信
関連記事