まだ息絶えていなかった!「Kingdom Under Fire II」 2019年に欧米でサービス開始 はてなブックマーク - まだ息絶えていなかった!「Kingdom Under Fire II」 2019年に欧米でサービス開始

GameForgeは、オンラインゲーム「Kingdom Under Fire II」の北米及びヨーロッパ向けのサービスを2019年に開始すると発表した

gameforrgekuf2.jpg

Kingdom Under Fire II (キングダムアンダーファイア2)は、2008年に発表されたオンラインRPGとRTSを組み合わせたようなゲームだが、最新バージョンがかつての面影をどこまで残しているかは定かではない。

かつては日本サービスも決まっており、これまで東南アジアやロシアで展開されていたが、これらの地域でのサービスは終了しており、既にKingdom Under Fire IIの開発は終わったものと思われていた。

しかし、突如として欧米でのサービスが発表され、まだ"生存"していることが判明した。

Eurogamerによると、欧米サービスは2019年に基本プレイ無料で提供されるという。

コメント

Comments 8

コメントはありません
-  

なつかしい名前だ xbox360のやつやったことある

  • 2019/07/09 (Tue) 23:04
  • 返信
-  

blueside健在だったんだ・・・Phantagramと一緒に無くなったのかと思ってた

  • 2019/07/10 (Wed) 01:19
  • 返信
-  

んー、PV見る限り、GvGだけでPvEとか生活要素は無いゲームなのかな?
求めてるものとは違うかなあ。

  • 2019/07/10 (Wed) 07:09
  • 返信
-  

懐かしいし触ってみたいけど GameForgeってのがな・・・( ˘•ω•˘ )
Guardians of ember ってゲームでDLC勝手に削除して謝罪も賠償もしなかった最悪な会社

-  

bluesideの開発部門は頑張ってるのかもしれないが、パブリッシングする所が毎回イマイチなイメージ。
素直に同じ韓国系列のネクソンとかネットマーブルに頼めばいいのにと思うが、無理なのかな。

  • 2019/07/11 (Thu) 15:20
  • 返信
-  

自社製ゲームエンジンを採用し、PVのクオリティでCSでも動くって触れ込みだったけど、今となってはなぁという感じ。

  • 2019/07/15 (Mon) 22:41
  • 返信
-  

昔は期待してたタイトルだけど、中韓露と開いたβが尽く商用化に繋がらずサイトまで消滅して久しいものが唐突に復活して、しかも今度はβも基本無料もなくプレオーダパッケージ販売。目出度い以前に不審がられても仕方ない。精々ご祝儀に最安の買って様子見かなぁ。それすら正直躊躇うが。

  • 2019/10/16 (Wed) 16:52
  • 返信
-  

MMOByteの論調が辛辣。Gameforgeは全然信用されてない。
・βがサ終したのはPvP偏重で只管殴り合うだけで碌にコンテンツが無かったから
・Gameforgeは失敗作を安く買い叩いて手早く集金したいだけで、これまでの前科から言ってどうせ稼いだらすぐサ終

  • 2019/10/16 (Wed) 20:16
  • 返信
関連記事