SIE 「プレイステーション5」を2020年年末に発売へ はてなブックマーク - SIE 「プレイステーション5」を2020年年末に発売へ

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは10月8日、次世代ゲーム機「プレイステーション5」を2020年年末商戦期に発売すると発表した

ps5_2020.jpg
  • 次世代プレイステーションの名称は「プレイステーション5」(PS5)で確定。
  • 2020年年末商戦期に発売予定。
  • コントローラーに2つの技術革新を取り入れ、振動機能に「ハプティック技術」を、L2・R2ボタンに「アダプティブトリガー」を採用する
  • WIREDに掲載された既報の通り、SSDでローディング時間を大幅短縮


スペック
  • 超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載
  • CPU: x86-64-AMD Ryzen “Zen2", 8 cores/16 threads
  • GPU: AMD Radeon RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
  • 3Dオーディオ処理専用ユニット
  • ゲーム時最大8K解像度出力まで対応
  • PlayStation 4タイトルとの互換性実現に向けた設計
  • PlayStation VR対応
  • Ultra HD Blu-ray(ゲームディスクとしては100GB)
  • コントローラーにUSB Type-Cコネクタ使用
  • コントローラーに大容量バッテリーを搭載。DS4よりも少し重い
  • ゲームのインストール方式がPS4と異なり、細かなアクセスが可能でシングルプレイ部分だけマルチプレイ部分だけといった具合にインストールできるようになる


今年4月に「プレイステーション」の次世代機について初めて情報をお届けして以来、ユーザーの皆さんからは、「ゲームはこの先どのような進化を遂げるのか」ということについて、ご期待や熱心なご意見を多く寄せていただきました。そんな中、本日は皆さんに私たちの次世代機の名称が「プレイステーション 5」(PS5)であること、そして発売は2020年の年末商戦期に予定していることをお知らせします。

これらの発表は、皆さんにとって大きな驚きでないかもしれません。しかしながら、私たちが次世代で描くビジョンを今後、つまびらかにしていく中で、まずは「プレイステーション」ファンの皆さんに向けて、名称や発売時期をしっかりとお伝えしたいと思いました。私たちのビジョンや新情報については、オンラインメディア「WIRED」の本日の記事の中でも明らかにしています。

より具体的にお伝えすると、記事ではPS5と共に発売する新しいコントローラーの機能の一部をご紹介しています。PS5の目指すゴールの一つに、「没入感をさらなる高みへ導くこと」がありますが、このゴールを実現するためには、まずは「コントローラー」について再考する必要がありました。

PS5の新しいコントローラーには、二つの重要なイノベーションがあります。まず一つ目は、初代プレイステーションやその同世代のゲームコントローラーに見られた従来の振動機能を刷新し、ハプティック技術を採用することです。このハプティック技術の採用により、これまで以上に多彩な反応を皆様の手で感じていただくことが可能になります。例えば、レース中に車が壁にぶつかる感覚と、フットボールで相手にタックルする時の感覚では全く異なったものになるでしょう。草原を駆け抜け、泥の中を這う感覚さえも味わうことができるのです。

二つ目のイノベーションは、今回新たに導入するアダプティブトリガーと呼ばれるL2・R2ボタンの進化です。ゲームデベロッパーの皆様は、プレイヤーが取るアクションに合わせてトリガーの抵抗力をプログラムすることが可能になり、さらには、ハプティック技術との組み合わせにより、これまで以上に多彩なアクションをよりリアルに再現することができるようになります。例えば、弓をキリキリと引き絞る感覚や、ゴツゴツとした岩場の地形でオフロードの車を一気に加速させる時の感覚が、より鮮明に再現できるようになります。ゲームデベロッパーの皆様には、既に新しいコントローラーの初期バージョンをお届けし始めていますので、これらの新機能を心ゆくまでお試しいただき、想像力を膨らませていただきたいと考えています。

PS5に関しては、発売までさらに多くの情報をご提供していきますが、続報をお待ちいただく間、PS4では『DEATH STRANDING』、『The Last of Us Part II』、『Ghost of Tsushima(仮称)』をはじめとする大作がこの先も数多く控えています。私たちがゲームの未来に向けて挑戦し続けていく中で、いつも私たちと共にあり続けて下さるすべてのファンの皆さんに、心から感謝いたします。今後も「プレイステーション」がお届けする最高のエンタテインメント体験に是非ご期待ください。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント 社長 兼 CEO
ジム・ライアン



コメント

Comments 4

コメントはありません
-  

やはり値段が気になるなぁ

  • 2019/10/08 (Tue) 22:45
  • 返信
すがり  

開発費にお金かかりすぎて、大手しか参入できんやろ。

  • 2019/10/09 (Wed) 09:16
  • 返信
-  

本体価格ある程度でもバッテリーでコントローラーに機能比重置いてるから耐久性にも限度はあるし消耗で維持費かかりそう
アダプティブトリガーON固定だと余計にでOFFにできると味気ねえ

-  

希望小売価格79,800円くらい?

  • 2019/10/09 (Wed) 17:26
  • 返信
関連記事