「League of Legends」スマホ版&家庭用ゲーム機版『ワイルドリフト』が発表 はてなブックマーク - 「League of Legends」スマホ版&家庭用ゲーム機版『ワイルドリフト』が発表

Riot Gamesは、MOBA「League of Legends (リーグ・オブ・レジェンド)」のモバイル版及びコンソール版となる「League of Legends: Wild Rift」を2020年に配信開始すると発表した

lolwildrift_announce.jpg

Wild Rift(ワイルドリフト)は単なる移植版ではなく、PC版と同じく5対5のチーム対戦型の形式となるが、スマホのタッチ操作やコンソールのゲームパッドでの操作に最適化され、1試合あたり15分~20分程度で終わるように設計されているという



『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』は、PC版『リーグ・オブ・レジェンド』のテンポ良いPvPアクション性をそのままモバイル、そして家庭用ゲーム機向けにお届けします!

ワイルドな冒険へようこそ! PC版「リーグ・オブ・レジェンド」と変わらない5対5のPvPのプレイ感覚を新しいプラットフォームでも楽しめるように開発されたのが『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』です。『リーグ・オブ・レジェンド』の数多くのチャンピオンの中から好みを選び、フレンドと協力して相手チームに勝利しましょう。

『リーグ・オブ・レジェンド』の変わらない楽しさ
フィールド上での5対5の戦闘という楽しさを、モバイル、そして家庭用ゲーム機向けに最適化。チャンピオンを選択してサモナーズリフトに出撃、ネクサスを破壊するまでに大体15~20分程度のテンポ良い展開です。

新たなるサモナーズリフト
『ワイルドリフト』では、サモナーズリフトをベースにした、なじみがあるのに新しいフィールド上でテンポ良くゲームが進みます。新しいプラットフォーム向けに専用設計された2本のアナログスティックによる操作系は、スキルショットを撃つ時でもPC版と全く変わらないプレイ感覚を提供します。

おなじみのチャンピオン
『ワイルドリフト』ではリリース時に40体以上のチャンピオンが用意され、その後時間と共に増えていく予定です。ラックスの光で、ガレンの回転斬りで、そしてジンクスの弾薬で道を切り開きましょう。

ランクを駆け上がれ
新しいサモナーズリフトを攻略し、ランク戦であなたの実力を試しましょう。イベント限定の戦利品を入手できるチャンスも。『ワイルドリフト』でもPC版と同様、チャンピオンのスキル、大局的な戦略、柔軟なプレイスタイルを使いこなせるかが勝利のカギです。


見た目もカッコ良く
テーマ毎に用意された多数のスキンでチャンピオンの見た目をカスタマイズしましょう。『ワイルドリフト』の新しい3Dモデルビューワーなら、これまで以上に近くからチャンピオンを眺めることができます。

大切なのはお金ではなく腕前
全てのチャンピオンは無料で入手可能です。プレイ時間や強さをお金で買う事は決してできません。




既にGoogle Playではワイルドリフトのページがオープンしている






TFTもモバイル版が開発中


League of Legendsから派生した「チームファイトタクティクス(TFT)」もモバイル版が開発中であることが発表された

tftmobileannounce.jpg


コメント

Comments 0

コメントはありません
関連記事