クラウドゲーミングサービス「Google Stadia」 海外メディアレビュー・評価 はてなブックマーク - クラウドゲーミングサービス「Google Stadia」 海外メディアレビュー・評価

Googleによるクラウドゲームストリーミングサービス『Stadia』の海外メディアによるレビューを紹介
googlestadia_pad.jpg

Google Stadiaは、ゲーム機やゲーミングPCがなくてもインターネット接続環境があればゲームを遊ぶことのできるクラウドサービス。
海外では2019年11月よりサービスが開始される。


Wired


全体的には、Stadiaの強みはその汎用性にあり、グラフィックカードなしのノートPCでゲームをプレイしているときよりも明らかに優れていることは間違いありません。

高校生が学校に持っていくChromebookのような端末でDestiny 2を起動できてしまうというのは良い意味で危険です。
Googleには、具体化すべき多くの機能と対処すべき問題がありますが、Stadiaはその高い野心の少なくとも一部は実現しています。

6/10


Kotaku


適切な構成要素をすべて用意しておけば、Stadiaのサービスは非常にうまく機能します。
しかし、実際に誰かがこれのためにお金を払っている姿は想像できません。
ブラウザまたはスマートフォンでゲームをストリーミングする機能以外では、ほぼ同じ価格で既に他のプラットフォームで入手できるゲームを、あえてStadiaでプレイするための強力なセールスポイントを見つけることはできません。Stadiaはハイテクに精通している人向けですが、これらのゲームをプレイするための簡単な手段を既に持っている可能性があります。


PC Gamer


Stadiaは、私が試したことのある他のクラウドゲームプラットフォームと同じです。多くの場合、シングルプレイヤーゲームに最適であり、インターネットがうまく機能していない場合はマルチプレイヤーゲームには最悪です。
現時点のStadiaには、堅牢なゲームプラットフォームに必要な多くの機能が欠落しています。



Gamasutra


Google Stadiaは素晴らしく動作します。しかし、ゲームストリーミングの技術的な側面は、Stadiaの全体的な受け入れと成功に関して解決すべき問題の中では「最も簡単な」ものであった可能性があります。

Googleは他の確立されたプラットフォームとのサブスクリプション戦争への道をStadiaで本質的に歩み始めました。
技術の斬新さがなくなった後、他のプラットフォームと比較されるのはサブスクリプションサービスの中身そのものです。
現在、他のプラットフォームはすべての機能をStadia以上に提供しています。



New York Times


私は、Stadiaでゲームが非常にスムーズにストリーミングされたことには感銘を受けました。
高品質なグラフィックのゲームでさえ、私のテレビやノートPC、安価なスマートフォンでも快適に動作しました。
しかし、一貫性のないインターネット速度と初期のバグのために、時折不具合や品質の問題がありました。

子供の頃からビデオゲームをプレイしてきた人間としては、このストリーミングサービスのためにコンソールを捨てることはしないでしょう。ゲームをする人は動作が完璧であることを望みます。



CNET


Googleの大きな約束はまだ実現しておらず、Stadia's Founder's Editionの価格で提供されているため、現時点ではStadiaに飛び乗ることは誰にもおすすめしません。
動作しますが、購入するインセンティブはあまりありません。


Verge


Stadiaを覆っているテクノロジーは、過去10年でテストしてきたどのサービスよりも信頼性が高いです。
しかし、Stadiaでプレイしている時の全体的なリアクションは、そこそこまともなヘッドフォンを使った時と同程度のものでした。
台無しにさえならなければ、私は喜んでプレイを続けるでしょう。
誰もが今すぐStadiaを購入すべき理由はありません。

5/10


Polygon


今のところ、Stadiaはコンソールのように振る舞わず、NetflixやAmazonのプラットフォームのようにさえ振る舞いません。コンソールやストリーミングサービスで当たり前になっている基本的な機能があまりにも多く欠けています。
Stadiaが両方の混合物であると考えると、かなりがっかりするでしょう。Stadiaは18輪トラックのようなものです。コンテンツを配信するという1つの仕事があり、その仕事はうまくやっていますが、魅力はまったくありません。特に美しいというほどではありませんが、十分に効率的です。


Game Informer


ゲームを購入し、ダウンロードやアップデートを気にすることなく、すぐに起動できるというのは解放的です。安定したインターネット接続があれば、クラウドからのゲームのストリーミングは魔法のように感じられます。
奇妙なことに、ゲームストリーミングの未来に興奮を覚えましたが、Stadiaが私たちを前進させるプラットフォームであるという自信は失いました。

6/10


Eurogamer


技術面では、Stadiaはストリーミングプラットフォームの中では最高の画質とレイテンシーに感銘を受けましたが、安定性の観点から改善の余地は間違いなくあります。
プレイできるゲームの数が限定的で、最重要な独占タイトルがほとんどないということと、プラットフォームとエコシステムがまだ完成していないと感じられるというのを合わせると、Stadiaはフルサービスとして展開するにはまだ時期尚早だと思われます。


Engadget


私は、競い合いをするゲームをStadiaでプレイするつもりはありませんが、Stadiaのサービスはリラックスしたい夜には十分です。
少なくとも、自宅ではそういったものになるでしょう。
Stadiaの成功率は、各プレイヤーが住んでいる地域のインターネットの状態によって異なります。そのことを過度に恐れることではありません。単にこのサービスの運用方法です。


Forbes


私のテストの段階で、Stadiaは最初から最後まで大惨事でした。
Stadiaが完璧に動作したにしても、全くうまく動作しなかったにしても、全体的なモデルは最初から破滅に向かっているように思えてしまうのが問題です。
これはGoogleの大失敗です。そして私はこの準備不十分な初期のローンチから降ってくる死の灰(fallout)がどうなってしまうのか本当に気になります。


VentureBeat


現在、Google Stadiaは誰のためのプラットフォームでもありません。
同社はリーチしようとしている客層を理解していないようです。

そのライブラリと展望は、ゲームに多額のお金を費やしている人々にとっては魅力的ではありません。
より優れたゲームを、Xbox Game PassおよびxCloudを備えたXbox上で同じように遊ぶことができるのであれば、ほとんどのゲーマーはStadiaにライブラリを構築することを望みません。

一方、カジュアルプレイヤーがコンソールに300ドルから500ドルを費やすことを望んでいないというGoogleの考えは正しいです。
しかし、彼らはソフトウェアに60ドルを費やすことも望んでいません。

もちろん、彼らはレッド・デッド・リデンプションやFIFAを買うかもしれません。しかし、そういった顧客は、モバイルデバイスで無料のゲームを入手することに慣れています。したがって、モバイル端末上でGoogle Stadiaは動くかもしれませんが、実際にはカジュアルプレイヤーが重要だと思えるサービスではありません。


コメント

Comments 6

コメントはありません
-  

すでにコンソールと比較されてるレベルと考えると末恐ろしい
果たしてNowに勝ち目があるのかどうか

  • 2019/11/19 (Tue) 19:28
  • 返信
-  

予想通りだけど、現段階ではサービスとしては厳しいね。
とはいえ、未来のゲーム像を見据えた大事な挑戦だとは思う。

  • 2019/11/19 (Tue) 20:07
  • 返信
-  

お下がりのゲームしかないうちはな

  • 2019/11/19 (Tue) 20:43
  • 返信
-  

ターゲットを誤ってるのか、わかってて無理なのかわからんけど、買い切りでしかも他のプラットフォームと同じような値段でやろうとしてるうちは厳しい
Youtubeの投稿動画の概要欄に登録されてるタイトルがそのままプレイリンクになって無料で少し遊べるくらいしないと、色々壁があるんだろうけど

-  

カジュアル層向けサービス=クラウドプレイって発想が微妙な感じはあるな
結局回線問題とかフリプみたいな所だったりサービスの中身が重要になるしカジュアル向きって考えはそこら辺が良くない言い訳にしかならない

-  

新しい時代だなーというのは感じる。がんばってほしい。

  • 2019/11/25 (Mon) 19:34
  • 返信
関連記事