NCSOFTの株価が最高値を更新。リネM・リネ2Mが収益を牽引 はてなブックマーク - NCSOFTの株価が最高値を更新。リネM・リネ2Mが収益を牽引

2020年に入り、MMORPGの老舗開発会社NCSOFTの株価が急騰し、同社の最高値を更新した

ncsoftnewlogo_2020.jpg
▲NCSOFTの新しいロゴ

NCSOFTは「リネージュ」シリーズや「Aion」「ブレイドアンドソウル」などで知られる韓国の開発会社。

2020年に入り、同社の株価は最高値を更新した。
ncsoftath.png

NCSOFTは2017年6月に「リネージュM」の韓国サービスを開始し、さらに2019年11月27日には「リネージュ2M」の韓国サービスを開始。本格的にモバイルゲーム市場に参入した。

l2m_releasedate.jpg

NCSOFTは2012年に「ブレイドアンドソウル」をリリースしたものの、MMORPG市場自体の冷え込みも相まって、2016年頃まで低迷が続いた。
しかし、2017年にリリースした「リネージュM」は未だに韓国市場でトップ3に入る収益を上げ、2019年にリリースした「リネージュ2M」は収益性の高い課金システムを採用したこともあり、NCSOFTに高い利益をもたらしている。

NCSOFTは今後も「ブレイドアンドソウル2」や「Aion 2」をモバイル向けにリリースする予定があり、リネージュ2Mのグローバルサービスも含めて投資家の期待が株価に表れている。


モバイルゲームライバル「ネットマーブル」株は下落傾向


一方、モバイルゲームで一躍トップ企業となったネットマーブルだが、NCSOFTとは対照的に株価は下落傾向にある。
ネットマーブルはBTS WORLD等をリリースしているものの、当初予定していた「セブンナイツ2」のリリースを遅らせた。
ネットマーブルは「二ノ国 CROSS WORLDS」や「セブンナイツ レボリューション」なども開発中である。
stockprice2020_netmarble.png

ソース:THIS IS GAME
コメント

※当サイトのプライバシーポリシー及び問い合わせ先につきましてはこちらの記事をご覧ください。管理者本人によるコメントは名前が赤字で表示され、当サイトのアイコンが横に表示されます。

Comments 4

コメントはありません
-  

日本でMMOって言葉を一躍広めた最初のタイトルを持つ企業は格が違う感じするな
PCもいけるしモバイルもいける こりゃ日本の企業じゃ太刀打ちできん

  • 2020/01/09 (Thu) 20:09
  • 返信
-  

新作なんもないな

  • 2020/01/10 (Fri) 02:48
  • 返信
-  

NCゲーはどれもRMTと絡めた賭博ゲームになってる
だから韓国だけでプレイされてる
中身はゴミ

人生すべてKY  
No title

リネージュは楽しい。

関連記事