ニンテンドーネットワークIDの不正ログイン被害 追加で14万件が判明。1%未満に不正な取引 はてなブックマーク - ニンテンドーネットワークIDの不正ログイン被害 追加で14万件が判明。1%未満に不正な取引

任天堂は6月9日、4月に発表された「ニンテンドーネットワークID」への不正アクセスに関して、調査を継続した結果、追加で14万件にも不正ログインの可能性があることが判明したと明らかにした

任天堂は当初、16万件に不正アクセスの可能性があると発表していたが、6月9日の発表で14万件が追加された。合計では30万アカウントが不正アクセスを受けた可能性がある事が判明した。

既にニンテンドーネットワークIDを経由してニンテンドーアカウントにログインする機能は廃止されている。

また、不正ログインを受けたIDのうち、ニンテンドーアカウントを通じて不正な取引が行われた可能性があるものは1%未満だという。
任天堂は大半の利用者に対しては返金処理を終えているという。

4月24日に不正ログインに関するご報告を掲載いたしましたが、その後も継続して調査を続けてまいりました結果、不正にアクセスされた可能性のあるNNIDが追加で約14万アカウント存在していたことが判明いたしました。これら約14万件のNNID、および、それらと連携されていたニンテンドーアカウントに対してもパスワードリセットを行い、お客様に別途ご連絡いたしております。同時に、追加のセキュリティー対策も施しております。

不正ログインを受けた可能性のある世界中のNNIDのうち、ニンテンドーアカウントを通じて実際に不正な取引が行われた可能性が存在したものは全数の1%未満であり、対象となるお客様に対しては現在も各国で返金手続きを継続中ですが、大半のお客様に対しては既に返金処理を終えております。



コメント

Comments 1

コメントはありません
-  

kulturのスイッチ民の少なさよ

  • 2020/06/10 (Wed) 11:44
  • 返信
関連記事