2020年 全世界モバイルゲームメーカー トップ50が発表 はてなブックマーク - 2020年 全世界モバイルゲームメーカー トップ50が発表

世界最大級のモバイルゲーム情報サイトPocket Gamerは、「2020年グローバルモバイルゲームメーカー トップ50」を発表した

このランキングは企業の売上だけでなく、事業的革新と印象的な成長といった観点を総合的に評価して決定されている。

ランキングは以下の動画で見ることができる



トップ50入りした日本企業

22位:任天堂
23位:サイバーエージェント
26位:ソニー
30位:バンダイナムコ
32位:DeNA
38位:mixi
40位:カプコン
41位:ガンホー

スマートフォンゲーム市場が大きい日本だが、国内企業でトップ20に入った企業は1社もなかった。

ポケモンGOで知られるNianticは4位にランクインしたが米国企業だ。

日本の企業が上位に入らない理由としては、モバイルゲームでは「グローバル」ではないということがその大きな要因だろう。
国内企業の多くは日本でヒットするということを第一としており、トップクラスの利益も十分上げているが、全世界でヒットするようなタイトルは少なく、グローバル市場への影響が少ないのも理由として挙げられる。
また、「革新」という観点ではかなり弱いと見られているのも確かだ。

任天堂についてはモバイルゲーム部門の将来性が疑問視されているとPocket Gamerは分析している。


トップ10

1位:Zynga(アメリカ)
2位:NetEase(中国)
3位:Tencent(中国)
4位:Niantic (アメリカ)
5位:Scopely (アメリカ)
6位:Roblox (アメリカ)
7位:Sea (シンガポール)
8位:Supercell (フィンランド)
9位:Activision Blizzard (アメリカ)
10位:Playrix (ロシア/アイルランド)


1位のZyngaはソーシャルゲームの「Farmville」で有名になった企業で、最近では各国の開発会社に積極的な投資を行っており、既に2020年だけで2000億円以上の資金が投入されているようだ。モバイルゲーム市場への影響力という点で評価された。

2位のNetEaseは日本市場でも「荒野行動」等、多数のゲームをリリースしているが、海外ではMarvelやロード・オブ・ザ・リング、ハリーポッターなど注目作を多く抱えている。また、香港の証券取引所に上場したり、東京に新スタジオを設立するなど、モバイルゲーム市場への影響力は計り知れない。

5位のScopelyは2019年に日本にもオフィスを新設している。スタートレックやマーベル、ウォーキングデッド等のモバイルゲームで知られる他、2020年に海外向けにリリースしたパズルゲームのScrabble Goがヒットしたようである。

7位のSeaはあまり聞いたことがない人も多いかもしれないが、東南アジアで急成長を続けている企業で、東南アジアでLeague of Legendsを運営しているGarenaの親会社である。同社が東南アジア向けにサービスを提供しているゲームの合計デイリーアクティブユーザーは1億人を超えているという。

コメント

Comments 13

コメントはありません
-  

革新的なゲームマジで0だもの
全てのゲームが外国のパクリか昔のゲームの焼き増しになってきた
チョンゲーを笑えねー

  • 2020/09/07 (Mon) 21:46
  • 返信
-  

似たようなのばっかりだしガチャで搾り取る事に腐心してるのがな…
そりゃ革新的なものなんて出ないよ

  • 2020/09/07 (Mon) 21:57
  • 返信
-  

日本でまともなモバイルゲーは生まれないだろうなあ

  • 2020/09/07 (Mon) 22:12
  • 返信
-  

昔はまともなゲームじゃなくてもスマホで出せば簡単に儲かる時代があって
そこから大した成長も遂げずにここまで来ちゃったからな

  • 2020/09/07 (Mon) 22:18
  • 返信
-  

最近はパクリのパクリのプリコネをさらにパクリまくってるからなぁ

  • 2020/09/08 (Tue) 02:17
  • 返信
-  

もう日本企業はパクリすら出来なくなってるから悲しいよね
キャラゲーも韓国製の7つの大罪がクオリティ高過ぎてそのうち中韓に取られる

  • 2020/09/08 (Tue) 04:44
  • 返信
-  

パクるのは別にいいよ。文化ってそうやって生まれるものだし。でもパクリ元へのリスペクトが感じられて、なおかつそれに負けないくらいのオリジナリティーもないと劣化パクリゲーにしかならない。
日本のモバイルゲームはパクりっていうか同じようなゲームシステムの物を側だけ変えて作り続けてる感じ。でも日本人はゲーム性が既視感満載でもキャラの立ち絵が良ければ課金してくれるから、無理に革新的なゲーム作るより、数か月で飽きられるようなゲームをポンポン出す方が儲かるんやろ。

  • 2020/09/08 (Tue) 17:11
  • 返信
-  

良くも悪くもガラパゴスが継続してるよなぁ。

日本国内では立ち絵や専用エピソード開放に課金してくれる層が
普通にたくさんいるから成り立ってる。

悲しいけど美少女盆栽が安定なのよ。日本では・・・。
ゴタゴタ言ってないでまず「キャラで釣れ」って感じよね。

国内でも野心的なゲームはあるとは思うけど、
十中八九、客が囲えずにひっそり消えて行ってるのだと思う。

  • 2020/09/08 (Tue) 20:59
  • 返信
-  

最近日本でも中華ゲー増えてるから触ってみ?
どれもこれも何かの劣化コピーでくっっっそつまらんよ
韓国ゲーは頑張ってるけどメインコンテンツがPVPで
しかもバランス調整放棄してるから相変わらず短期型。
なお日本はキャラゲーの集金装置なもよう

  • 2020/09/08 (Tue) 21:21
  • 返信
-  

ゲーマー魂よりコレクター魂に火をつけたほうが何倍も儲かる。

モバイルゲームでアプデのたびに新エリアや新コンテンツのプレイ権を課金制にしたらいいのにって思ったことあったけど、それだと日本人は課金しないんだろうね。ゲームには金払えんけどキャラ集めなら躊躇なく万札ぶち込めるんだもん。

あ、ガチャゲー批判じゃないよ? ガチャで集金した金をきちんとコンテンツにしてユーザーに還元する企業もあるにはあるし。ゲームの楽しさとビジネスとしての集金を両立するのが一番いいに決まってる。ただ日本にはないかな。

  • 2020/09/08 (Tue) 23:46
  • 返信
-  

トップ10の企業を見れば、英語圏アジア圏のコンテンツホルダーばかりとわかるではないか
牧場ゲーム、バトロワゲーム、キャラゲー、MOBAのどれか
独自色の強い二つのうち、Nianticはガワの変えたゲームを量産してるし、robroxはrobroxしか作ってない
管理人の日本流ルートボックスのガチャへの意見には賛同するが、日本企業の批判ありきで、ろくにゲーム内容を調べも分析もせずに、他人の褌で批判するのは如何なものか
海外で評価されてませんよ、じゃないんだよ

  • 2020/09/09 (Wed) 07:28
  • 返信
-  

日本企業のモバイルゲーム部門がそういう世界から見て魅力的なコンテンツを掴めなかった、コンテンツホルダーになれなかったってだけでしょ
国内にいくらでも金落としてくれるカモがたくさんいるんだから世界なんて見る必要ないもんね

  • 2020/09/09 (Wed) 11:18
  • 返信
-  

日本で流行ってるモバイルゲームって何さ?
実際このランキング上位の企業が手掛けてるゲームって日本で流行ってるか?
そもそも日本国内の需要とグローバルの需要が違うから、日本の企業は日本向けのゲームを開発してたらそりゃグローバルに評価はされないし、グローバル向けに開発したら日本で売れない
じゃあどっちを取るかって話だが、今さらグローバルな物を作ってこのランキング上位の大手に対抗するより、狭い日本で地の利を生かした集金してた方がいいってだけだろう

  • 2020/09/09 (Wed) 17:18
  • 返信
関連記事