Amazon オンラインTPS「Crucible」の開発を中止 はてなブックマーク - Amazon オンラインTPS「Crucible」の開発を中止

Amazon Game Studiosは10月9日、オンラインTPS「Crucible」の開発を中止すると発表した

crucible_cancellation.jpg

Crucibleは基本プレイム無料のオンラインTPSで、Amazon傘下のRelentless Studiosが開発を担当していた。

2020年5月にサービスを開始したものの、問題が山積していたため一度サービスを終了して6月末からクローズドベータテストを実施していたが、「持続可能な未来が見えない」として開発を中止する事を決定した。

海外メディアによるCrucibleのレビューは非常に悪く、metacriticではメタスコア56、ユーザースコア4.2と低評価がつけられていた。

Amazon Game Studiosは以前には「Breakaway」の開発も中止し、「New World」の発売も延期しており、ゲームビジネスが順調とは言い難いが、同社は「ロード・オブ・ザ・リング」新規MMOの開発に携わっている事も明らかになっている。


コメント

Comments 7

コメントはありません
-  

ただでさえシューターは乱立してっからなぁ

  • 2020/10/10 (Sat) 16:27
  • 返信
-  

ゲーム部門撤退するのも早いか

  • 2020/10/11 (Sun) 00:55
  • 返信
-  

New Worldの出来次第でLotRの運命が決まるだろうな

  • 2020/10/11 (Sun) 03:06
  • 返信
-  

大人しくネットショッピング倉庫番だけしてろよ。。

  • 2020/10/11 (Sun) 17:18
  • 返信
-  

苦戦してるねー。
有能なゲーム制作者はAmazonなんかには来なかったかな?

  • 2020/10/11 (Sun) 17:40
  • 返信
-  

感触は嫌いじゃなかったがあまりにもオブジェクトの重要さが雑すぎてな

-  

普通にどっかのゲーム会社ごと買えばいいのに
まあ中国みたいにすぐパクるよりはマシか

  • 2020/10/13 (Tue) 19:57
  • 返信
関連記事