エルダースクロールズオンラインは開発会社内では「MMO」と呼ばれていない はてなブックマーク - エルダースクロールズオンラインは開発会社内では「MMO」と呼ばれていない

「エルダー・スクロールズ・オンライン」のMatt Firorディレクターがワシントン・ポストのインタビューでESOの現状について語った。

esoblackwwod.jpg

ZeniMax Online Studiosディレクターインタビュー要点まとめ

  • 2020年はESOにとって最高の1年になった
  • ESOのコミュニティは成長を続けており、サービス開始時には開発者達がこの状況を予想していなかった
  • ZeniMaxはエルダースクロールズオンラインの事を「MMO」とは呼んでおらず、「オンラインRPG」と呼ぶことにしている
  • ESOがMMOでないと言っているのではなく、ESOというゲームの精神を開発者全員に理解してもらう必要があるため
  • ESOが発売から7年経って、これほどうまくいくとは開発者の誰もが思っていなかった

Matt Firorディレクター:
ZeniMax Online Studiosはエルダースクロールズを原作にしたMMOゲームを作ることを目的として2007年に設立されました。ですから、MMOを作るというのは私たちの使命のようなものでした。しかし、7年後の2014年にローンチするまでに業界は大きく変化したため、実際にはMMOゲームとは見なされなくなりました。

7~10年前、MMOと言うと「エバークエスト」「Dark Age of Camelot」「World of Warcraft」のようなゲームを意味し、コアゲーマー向けでタブターゲットで、キーボードを使ったスキルのローテーションをする戦闘のゲームだという先入観が強くありました。クエストは大量のテキストがあり、ご存知のように面倒で厄介なゲームプレイになるでしょう。

私たちはESOをこのようなMMOにしたくありませんでした。たくさんの人が楽しめるファンタジーゲームを望んでいたのですが、これまでの古いMMOゲームの荷物を全て抱えることはしたくありませんでした。

そのため、社内では最初からESOを「オンラインRPG」と呼ぶことにしました。私たちにとってESOとは何なのかという精神に基づいていました。...私はESOがMMOではないと言っているのではありません。私たちはESOをMMOとは呼ばないだけです。



  • ESOはグローバルなゲームであり、世界のほとんどの国にプレイヤーがいる
  • ハードコアなMMOファンだけでなく様々なプレイヤー層がいる
  • 人々がESOをプレイし続ける限りはコンテンツを作り続ける
  • ESOは新規プレイヤーが毎年数百万人おり、ゲームが多くの点でまだ成長し続けている
  • ESOには主に3種類のプレイヤーがいる;「新規プレイヤー」「拡張パックだけプレイする人」「毎週毎日ログインしてダンジョンやパーティコンテンツを遊ぶプレイヤー」
  • 新規プレイヤーの何人かは最終的に長期のプレイヤーになり、長期のプレイヤーの何人かは一時的にゲームを去って1年後に戻ってくる
  • 健康的なサイクルが長い間続いている
  • ESOでは拡張パックの事を「チャプター」と呼んでおり、拡張(エクスパンション)とは呼ばない
  • MMOの「拡張」には最大レベルのプレイヤー向けだという先入観がある
  • ESOはレベルが重要ではないため、新規プレイヤーも新しいコンテンツをすぐ遊ぶことができる
  • プレイヤーがすぐにやりたいことをやれるように心がけている






エルダー・スクロールズ・オンラインの最新"チャプター"である「ブラックウッド」は2021年6月1日に発売予定。

コメント

※当サイトのプライバシーポリシー及び問い合わせ先につきましてはこちらの記事をご覧ください。管理者本人によるコメントは名前が赤字で表示され、当サイトのアイコンが横に表示されます。

Comments 13

コメントはありません
-  

二種類の武器を切り替えてスキルのローテーションしたり、強攻撃と弱攻撃をタイミングよく繰り返すクッソ面倒で厄介な戦闘システムなんですがそれは…
クエストに大量のテキスト云々も他人の事言えないでしょ

  • 2021/05/16 (Sun) 09:47
  • 返信
-  

勝てば官軍
7年続けて今も十分なプレイヤーがいればなんとでも言えるさ

  • 2021/05/16 (Sun) 11:33
  • 返信
-  
To -さん

たぶんすぐにやめちゃったタイプのひとだとおもうんだけど
クリック→1→クリック→2→クリック→3...武器切り替え→ループ、を繰り返すだけだから再チャレンジしてみ

操作よりも装備をそろえることのほうが難しいよ
ここの開発は(飽きさせないようにだと思うんだが)アップデートごとにシステムもセット効果もいろいろ変えるんよね
1~5部位で発動するセット効果が300種類以上あるから少し変えるとなにかがいきなり強くなったりする
「強いビルドをみつけることが非常に難しい」「有効なダンジョン攻略法・対人で有利になる知識が大幅に変わる」
こっちのほうが何倍も辛い
つい最近「クリスタルを消費して一度入手済みのセットアイテムを生成するシステム」が実装されたからいいけど少し前は倉庫が圧迫されるからまともにやるなら課金ほぼ必須で大変だった
どれが一番火力や回復力や耐久力が上がるかアップデートごとにシャッフルされまくってまじでわからんところが非常にMMOしてて複雑なところです

  • 2021/05/16 (Sun) 21:06
  • 返信
-  

FFよりは戦闘面白いよ

  • 2021/05/17 (Mon) 01:32
  • 返信
-  

世界観や戦闘自由度は最高のネトゲ
ただ顔が一般日本人向けでないだけで頭に何か被れば問題ない

-  

闇の一党の実装だけもうちょっと何とかして欲しかった
町のNPC殺しまくれるせいで景観台無しになってるのがね

  • 2021/05/17 (Mon) 13:32
  • 返信
-  

ESOで使うスキルは表6の裏6だから、FF14より使うスキルそのものは随分少ない
ただしFF14のGCDが2.5secに対しESOはGCD1秒で、且つ通常攻撃・ブロック・転がり回避を手動で行い、加えてノンタゲ式なのでアクション性はESOの方が高い

ほとんどのクエストはソロでクリア可能なので、クエスト途中に(他のメンバー待ちで)だれるという事はない
まぁ確かにMMOというより、MMOに近いMOみたいな感じはする

  • 2021/05/17 (Mon) 22:13
  • 返信
-  

個人的にtesは普通にナンバリングの方やりたいから
esoが成功してしまったのは残念でしかない

  • 2021/05/17 (Mon) 22:30
  • 返信
-  

結果的に過去のMMOより面倒臭くなってるのは皮肉効いてていいと思う

  • 2021/05/18 (Tue) 12:24
  • 返信
-  
No titleTo -さん

セットアイテム生成って、そんな便利なシステムできてるのか今…
昔エンドコンテンツ触ってた時は、バフ途切れないようにしつつAoE敷いて、マナ途切れないように弱強攻撃含めたスキル回し、状況に応じてシールドだったけど、今そんなにスキル回し簡単になってるの?

  • 2021/05/18 (Tue) 15:43
  • 返信
-  

かんたんよ、でもギアによってパターンは多いかも…

  • 2021/05/18 (Tue) 16:57
  • 返信
-  

もう7年も経ってたのか

-  

重攻撃でリソース確保しないといけなかった時代はマジでくそだったね。重攻撃オンリービルドとかも流行ったね。
スキル回しは半年前までのことしかわからないけどDOT系が全部大幅弱体化してからは1個のスキルを連打するスパム型ビルドが多かったね。
具体的に言うと、表に2個くらいパッシブスキルをスロットして3、2、1、1、1って具合に連打、裏も3個くらいリソース回復スキルいれちゃったりしても100kDPSいってる動画あったりしてね。
さいきん不評だったCPシステムがリニューアルしてからはなにもわからん。
動画見たり人に聞いたりしないといけなくてなかなか。
日本人いねえのよ。「ゲームうまくて話もしやすい人」ってのが少ないから辛い。

  • 2021/05/21 (Fri) 08:38
  • 返信
関連記事