『ブルーアーカイブ』プロデューサー 「アニメ化は本当にしたい」 はてなブックマーク - 『ブルーアーカイブ』プロデューサー 「アニメ化は本当にしたい」

スマートフォンゲーム「ブルーアーカイブ」のキム・ヨンハプロデューサーは、G-STAR 2021に合わせて開催されている国際ゲームカンファレンスの講演で同作のアニメ化について話している。

bluearchiveproducerconf.jpg

講演での質疑応答でアニメ化について言及されている。

Q. 日本ではコラボカフェやフィギュア、コミカライズなど様々な二次創作が活発的に行われています。「ブルーアーカイブ」のアニメ化についてどう思いますか?

A. アニメ化は本当にしたいです。しかし現実的には、アニメ化にはとても長い準備期間がかかり、具体的に申し上げるのは難しいですが、ビジネス的な部分でクリアしなければならないことが多かったんです。
それでも「ブルーアーカイブ」でやりたいことについては、私たちにもアイデアがあり、Yostarもすごく多くの提案をしてくれています。今は互いに協議をしながら発展する過程だと思っており、既に進行中のものもありますが、来年は今年よりもっと様々なものを見ることができるでしょう。





今回の講演では、「ブルーアーカイブ」というゲームが出来るまでの紆余曲折が語られている。

「ブルーアーカイブ」が世に出るまで


ブルーアーカイブは「日本で成功可能なゲーム」を前提として、2018年に企画が始まった。開発元のNAT Gamesは、どういったゲームがこれまで日本でヒットしたのかを調査し、最近のトレンドではファンタジーよりも現代や近未来を舞台にしたゲームが適切だとわかったという。

2018年当時、多くの美少女コレクションゲームは「萌え擬人化」を採用しており、市場が飽和状態だったため、新たに擬人化ゲームを作っても市場でアピールしづらいと判断して、擬人化ではなくキャラクターを新たに生み出す事に決めたという。
また、中国のHypergryphが開発した「アークナイツ」が擬人化作品ではなかったもののヒットした事も良い刺激になったとしている。


ブルーアーカイブの開発コードネームは「プロジェクトMX」で、「MX」は「MOE XCOM(萌えエックスコム)」の略称だった。
XCOM(エックスコム)は、世界的に高い評価を得た戦略シミュレーションRPG。ブルーアーカイブは美少女キャラクターとXCOMをかけあわせたゲームというコンセプトで制作された。しかし、ターン制のXCOMに対して、ブルーアーカイブはリアルタイムの戦闘システムが採用された。

▼XCOMとブルーアーカイブ
20211120xcom2.jpg

bluearchiveigcpre.jpg


ブルーアーカイブはどの地域よりも先に日本でサービスが開始された。日本で成功した萌えゲームなら韓国でも成功するだろうという考えがあったという。
NAT Gamesは「オーバーヒット」というモバイルゲームを以前に開発したが、オーバーヒットは日本市場で思ったよりも成果が出なかったという。これを受けて、サブカルチャージャンルのゲームは最初から日本市場を狙った方が良いと判断し、ブルーアーカイブを日本で先に展開する決断に至ったとのこと。


「マビノギ」のプログラマーが「ブルーアーカイブ」のプロデューサーになるまで


キム・ヨンハプロデューサーはかつて、ネクソンのdevCAT studioでマビノギ(2004)やマビノギ英雄伝(2010)のシニアプログラマーを担当した。

その後、プロデューサーの見習いとして3つのプロジェクトに参加するも、1タイトルも日の目を見ることなくプロジェクトは消えたという。

キム・ヨンハプロデューサーはネクソンのプロジェクトの失敗を経験した後、Eyedentity Gamesへ転籍。フルスケールのMMORPG「プロジェクトB6」の開発に2年ほど参加する。プロジェクトB6はプロトタイプが作られるまでは進んでいたが、結局開発は中止され、プロジェクトB6は幻のMMORPGとなった。プロジェクトB6は社内では評判が良かったが、経営陣の考えが変わったために開発中止になったとのこと。

Eyedentity Gamesを離れたキム・ヨンハ氏は、自ら企画書を書いて受け入れてくれる会社を探し、最近では「ロストアーク」で知られるSmileGateに入社。日本で「拡散性ミリオンアーサー」がヒットしていたことに着目し、サブカルチャー志向のモバイルゲーム開発に興味を持つようになったという。

そして、モバイルゲーム「魔法図書館キュラレ」のプロデューサーを担当。

「魔法図書館キュラレのサービスが終了した後、キム・ヨンハ氏は現在のNAT Gamesに入社し、Project MX、すなわちブルーアーカイブのプロデューサーを担当することとなった。




ソース: inven
コメント

※当サイトのプライバシーポリシー及び問い合わせ先につきましてはこちらの記事をご覧ください。管理者本人によるコメントは名前が赤字で表示され、当サイトのアイコンが横に表示されます。

Comments 14

コメントはありません
-  

ブルアカのストーリーすごく面白いのでアニメ化は期待したいね。

  • 2021/11/20 (Sat) 23:25
  • 返信
-  

ブルアカアニメ化はしてほしいけど制作がYostarPicturesだと不安…
背景が大体いつも静止画、台詞喋ってるキャラ以外もほぼ静止画で口パクパクに台詞を当ててるだけって感じでとにかく動きが少ない少人数低予算アニメだなと思った
日本で売れる事を視野に入れるとやっぱり作画ヌルヌルの大手アニメ制作会社と比較して見てしまうわ

  • 2021/11/21 (Sun) 00:31
  • 返信
-  

おいおい・・韓国じゃガチャが一番儲かるから売り切りゲームなんてまったく手出ししないくらい儲けしか考えない連中なのに、視聴率がどれだけ出るかわからない+いくら売れるか知らないアニメDVDやブルレイのために莫大なお金を使うわけないでしょうが
あと2~3年ほどサービスできたらユーザー数を増やすためにアニメ化も考えられんことでもないと思うが、そこまで長生きできたらの話だね

  • 2021/11/21 (Sun) 06:49
  • 返信
-  

MOE XCOMって言うけど
結局出来上がったのはプリコネクローンだったじゃねえか・・・案の定爆死してるし

  • 2021/11/21 (Sun) 08:38
  • 返信
-  

夏イベCMは良い出来してたし、一周年とかにショートアニメでも観れたらいいなぁってくらい
TVシリーズにするには課題多すぎるように思える

  • 2021/11/21 (Sun) 11:45
  • 返信
-  

アニメの前にゲームを何とかしろ
あれだけツイッターや渋で流行るキャラ力があるのに万年100位~300位の売り上げってことは相当ゲームが面白くないってことだぞ

  • 2021/11/21 (Sun) 12:38
  • 返信
-  

アニメ化…Blade&Soul…うっ…頭が…

  • 2021/11/21 (Sun) 15:06
  • 返信
-  

グラフィックやキャラデザに文句は一切ないんだけど
肝心のアプリが継続1hプレイできないくらいにクラッシュしまくるの本当に勘弁してほしい

アニメの前にアプリちゃんとしてくれ

  • 2021/11/21 (Sun) 16:39
  • 返信
-  

初動ガタガタのイメージが強かったけど随分持ち直したんだね

  • 2021/11/21 (Sun) 16:55
  • 返信
-  

キャラとストーリーは本当に好き
しかし育成部分まんまプリコネだし育成素材色々渋く設定してるし新キャラをガチャで当てても育てきれないんだよね
また更に育成新素材増やしてリソース分散させて育成速度落とそうとしてるし…
新ストーリー見たいだけでゲーム部分はさっさと終わらせれるから続けているだけになってる

  • 2021/11/21 (Sun) 18:54
  • 返信
-  

X-COMと称して2のSSを貼るんじゃねー

  • 2021/11/22 (Mon) 16:04
  • 返信
-  

今となってはゲームの歴史は長すぎだから何が出てもどこか既視感はあるんだよな

-  

完全に煮詰まったと思われるソシャRPGに新風を吹き込んではいるよ、良いのも悪いのも
クリエイターの熱意は久々に感じたね
大樹に育ってほしいが、変な方向にも行きそうで、まあそんな意味でも目が離せないw

  • 2021/11/23 (Tue) 16:25
  • 返信
-  

上から落ちることはあっても、下から登るのは地力と余裕がないと無理

  • 2021/12/01 (Wed) 04:03
  • 返信
関連記事