テンセント オープンワールドの新作武侠ゲーム「致金庸」を発表。Unreal Engine 5採用 はてなブックマーク - テンセント オープンワールドの新作武侠ゲーム「致金庸」を発表。Unreal Engine 5採用

テンセントは、開発中の新作オープンワールドアクションゲーム、開発コードネーム「致金庸」(Code: To Jin Yong)を発表した。

tojinyong.jpg

開発コードネーム「致金庸」は、テンセント傘下のLightspeed Studiosによる新作オープンワールドアクションゲーム。香港の小説家・金庸氏の武侠小説を原作に制作されるとのこと。

ゲームエンジンにはUnreal Engine 5を採用している。

トレイラー第1弾が公開されている。



「致金庸」は開発コードネームであるため、製品版のリリースまでに正式名称が決まることだろう。
コメント

※当サイトのプライバシーポリシー及び問い合わせ先につきましてはこちらの記事をご覧ください。管理者本人によるコメントは名前が赤字で表示され、当サイトのアイコンが横に表示されます。

Comments 6

コメントはありません
-  

また武侠・・・・

  • 2022/06/28 (Tue) 00:33
  • 返信
-  

武侠ものって装備とかデザインが好みじゃないんだよなぁ
ブレイドアンドソウルくらいだわデザインが許せる武侠

  • 2022/06/28 (Tue) 07:46
  • 返信
-  

武侠系アホほど生まれるけどその後の話マジで聞かなくなるよな
ブレソも含めて

-  

オープンワールドってのは不安だな・・・

  • 2022/06/28 (Tue) 11:26
  • 返信
-  

サイバーパンクやSFで出ないもんかな…武侠系はもう食傷気味

  • 2022/06/28 (Tue) 18:12
  • 返信
-  

金庸小説原作って素材はいいのに登場人物の行動原理が理解できん大陸独自のあれか~
ストーリーはチンプンカンプンなことになりそうだな

  • 2022/06/28 (Tue) 19:52
  • 返信
関連記事