Blizzard、NetEaseで密かに開発していた「World of Warcraftのスマートフォンゲーム」のプロジェクトを中止 はてなブックマーク - Blizzard、NetEaseで密かに開発していた「World of Warcraftのスマートフォンゲーム」のプロジェクトを中止

ブルームバーグの報道によると、Blizzard EntertainmentがNetEaseと共同開発していた「World of Warcraftを原作とするスマートフォンゲーム」をキャンセルした事が明らかになった

Activision Blizzardは、中国のNetEaseで3年前からWorld of Warcraftを原作とするモバイルゲーム、コードネーム「Neptune(ネプチューン)」を開発していたが、最近になってこのプロジェクトを中止したという。

NetEaseは「ディアブロイモータル」も開発しているが、秘密裏にWorld of Warcraftのモバイルゲームも担当しており、100人以上の開発スタッフがいたという。

「Neptune」と内部で呼ばれていたこのゲームは、World of Warcraftと同じ世界「Azeroth」を舞台にしており、MMORPGとして企画されていたという。

NeptuneはWoWの移植ではなく、別の時代を舞台にした外伝的な位置づけだった模様。

開発中止の理由は、両社の契約条件を巡って意見が対立したことが原因だという。

NetEaseは中国でWorld of Warcraftやハースストーンの運営をしており、また、「ディアブロイモータル」の開発も担当している。

ソース: Bloomberg
コメント

※当サイトのプライバシーポリシー及び問い合わせ先につきましてはこちらの記事をご覧ください。管理者本人によるコメントは名前が赤字で表示され、当サイトのアイコンが横に表示されます。

Comments 5

コメントはありません
-  

P2Wツールに有名タイトルのガワ被せても企業イメージ悪くなるだけだし出さなくて正解

  • 2022/08/04 (Thu) 21:32
  • 返信
-  

ここ数年の騒動でBlizzardの企業イメージはとっくに地の底だと思うけどね

  • 2022/08/05 (Fri) 00:58
  • 返信
-  

中国版のプーさん問題は解決したんだろうか

  • 2022/08/05 (Fri) 08:50
  • 返信
-  

こんなんださなくてもディアブロイモータルで十分儲かったんだろうな

  • 2022/08/05 (Fri) 13:05
  • 返信
-  

ここは運営だけさせてゲーム開発頼まない方がいいんでない
イモータルも連携とれてなかったようだし

関連記事