Activision Blizzardが来年1月でネットイースとの契約を終了。WoWやハースストーン等の中国サービスが配信停止に はてなブックマーク - Activision Blizzardが来年1月でネットイースとの契約を終了。WoWやハースストーン等の中国サービスが配信停止に

Activision Blizzardとネットイースの提携が来年1月で終了し次第、Activision Blizzardのゲームの中国本土での配信が停止されることが明らかになった
neteaselogo.jpg
Activision Blizzardは、14年前から中国第2位のIT企業であるネットイースを通じて、「World of Warcraft」や「ハースストーン」「オーバーウォッチ」「スタークラフト」などのオンラインゲームの中国向けサービスを提供していたが、2023年1月で両社の契約が終了し、延長もされないため、複数のタイトルの中国サービスが停止するという。

契約が延長されなかった理由に関しては「Blizzardの経営理念およびプレイヤーや従業員に対するコミットメントに合致する契約更新に合意がまとまらなかったため」だとしている。

Activision Blizzardは別のパブリッシャーを見つけることを検討しており、同社のMike Ybarra社長は「将来的にゲームをプレイヤーの手に戻すための代替手段を探しています」と述べた。

しかし、新しいパブリッシャーで中国サービスの再配信を行う場合、中国政府の検閲を再度受ける必要があり、近年この基準は非常に厳しくなっている。

この報道を受けて、ネットイースの株価は10%近く下落したという。

コメント

※当サイトのプライバシーポリシー及び問い合わせ先につきましてはこちらの記事をご覧ください。管理者本人によるコメントは名前が赤字で表示され、当サイトのアイコンが横に表示されます。

Comments 7

コメントはありません
-  

国がらみの事情が大きいんだろうね
マーベルの映画も最後に中国で公開されたのは2019年7月のスパイダーマンで
それ以降の新作7本は上映許可されてないし

  • 2022/11/17 (Thu) 20:28
  • 返信
-  

中國にはかかわらないほうがい

  • 2022/11/17 (Thu) 21:59
  • 返信
-  

中国でエンタメやりたいなら共産党体制潰れてからじゃないとダメだよ

  • 2022/11/18 (Fri) 00:45
  • 返信
-  

中国でやっちゃダメなのは娯楽全般やな
ゲームに限らずスポーツも最初は良くても全部共産党と内部の主導権争いで出る杭は打たれる

-  

もう海外製のゲームを中国で売るのは無理なんだろうな。
今まではアレコレ修正してやってきたっぽいが、規制が厳しくなりすぎて、修正コストが利益を上回るんだろう。

中国は真のガラパゴス化への道を歩んでいる。

  • 2022/11/18 (Fri) 10:45
  • 返信
-  

これは良いニュース
あの国と関わって良い事無し

-  

どうせ使ってるPCもスマホも実製造元中国東南アジアだろうに、イキり散らして可愛らしいね。

もしも別の現地運営と契約して党の検閲とやらクリア出来たとしてもデータの引き継ぎとかやれるのかね?

  • 2022/11/22 (Tue) 09:52
  • 返信
関連記事